03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

うぶとスロウな毎日

北海道の海辺の町で暮らす、2匹のラブラドールとの日々をつづります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ウブりんの現状。 


ウブりんは、木曜日までモリモリご飯を食べていた状態から一転、
突然衰弱してきました。

いつも通っている病院は、来週の月曜日までお休みです。

それでも、これが一過性のものなのか、
いよいよなのか、ウブりんの現状を把握したくて、
近所の別の病院で、今日診察を受けました。

こちらの先生は、こんな状況からしか診ていないのに、
これまでの経緯を聞いて、親身に色々な対応策を考えてくださいました。


血液検査の結果、前回もらっていたデータと照合して
極度に悪くなっているのは、貧血の数値でした。

やはり、貧血はどんどん進んでいます。

これは、体内の出血からくるものなのか、
栄養失調からくるものなのか、明確なことは分かりません。

ほかの数値は落ちていませんが、
血液検査では現れないところで、大きな変化があったことも考えられます。

先生は、現状のウブりんを見ただけでは
もう数日持つかどうか、という衰弱と診断できるけれど
これまで何度か復活した経緯を聞いて、
私の中の若干の期待する気持ちを気遣ってか、
鼻からチューブを入れて栄養補給する治療について説明をして下さいました。


これによって、もし栄養失調からくる貧血の場合は
持ち直す可能性があるということ。
ただ、これは消化器官が働いていて、うまく吸収できればの話で、
もし体が吸収できなくなっていれば、
吐き気などが現れて、苦しくなってしまうこともあるということ。

今何か積極的に手を打つとすれば、このくらいです。

これまでウブりんは、最初の発作から数えて3回、
8日間の昏睡からでさえ、目を覚ましてくれたわけですが、
これはまさに、奇跡の時間だったのです。

最初の発作から目が覚めて、8日間の昏睡状態に入ったとき、
ウブりんが、もうそう遠くない先に、いなくなってしまうことを
私は覚悟しました。

それが何度か復活してくれているうちに、
まだまだ生きてくれるのではないか、という期待が大きくなって
あれだけ無理な延命はするまいと決めていたのに、
数時間、かなり悩んでしまいました。


141108ubu1.jpg
さっきのウブりん。

それでも、

食べる意思=生きる意思
で決めてきたことを、あらためて思い出して
このまま、様子を見ることにしました。

いつも通っている病院がお休みでとても不安だったのは、
この状態だけしか見たことがない先生だったら、
もう諦めることしか考えられないかもしれないし、
それでも、それだけを進められても、やはり後悔が残ってしまうと思ったからです。

だからこそ

積極的な方法のメリット、デメリットもきちんと説明して
ちょっとだけでも希望を持っている私の気持ちをないがしろにせず対応して下さったこと。
そして
「あとは、もしこのまま様子を見る場合、苦しんだりすることがあれば、
鎮静剤を使って和らげるといった対応はいくらでもできますから
なにかあったら、すぐ来てください」

と言ってくださった病院の皆様には、本当に感謝しています。

この言葉のおかげで、
落ち着いてウブりんを受け止めようと思うことができました。

土壇場の知らない病院で、こんなによく対応してもらえて、
ウブりんは、やっぱり強運です。

色々考えることはありましたが、
取り急ぎ、これがウブりんの現状です。

ウブりんは今、自分の持っているものすべてを燃やして
頑張っています。


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
うおーっ!!

スポンサーサイト

category: ウブ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ubujun2nd.blog.fc2.com/tb.php/54-ea07db03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いらっしゃいませ

いくつになったの?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。