08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

うぶとスロウな毎日

北海道の海辺の町で暮らす、2匹のラブラドールとの日々をつづります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ぽっかり。 


ウブりんがいなくなってしまって、10日が経ちました。

私は相変わらず、ご飯もおいしく食べているし(笑)
結構元気に過ごしてます。

ものすごいペットロスのような感じになるかと思っていたのですが、
意外と大丈夫な自分が残念な気もします。


ただ、言いようのない空虚感に襲われることは結構あって
去年の今頃は…とか、振り返っては、寂しくなっています。


141120ubu1.jpg

私は、あらゆる待ち受けだとか、パスワードとか
主にウブりんに関係するものを設定することが多くて、

携帯を見るたび、
パソコンを立ち上げるたび、
残ってしまったペットシーツを見たとき、
ホームセンターでウブりんが使っていたおむつを見たとき……

しばらく放心してしまいます。

そして、ウブりんの毛が貴重過ぎて、
亡くなってから、一度も部屋に掃除機をかけられずにいたり
黒いコートだって、毛まみれのまま着ていたり
家からウブりんの痕跡がなくなってしまうことを
異常に警戒してしまいます。

ペットロスって

食事ものどを通らず、泣き明かして
精神的にもダメージを受けてしまう症状のことで
私のように日常仕事をしていて、
平日はそれほど一緒にいる時間が少なかった場合、
こういう感じには、ならないのかもしれません。

実際、一歩外に出ると
ウブりんがいなくなってしまった現実を、忘れていることがあります。
でも、ふとペット用品売り場の前を通りかかったときなんかに
ああ、そうか…ってなるわけです。
なんか、どこからともなく、ふわっと寂しさがやってきます。

それはもう、本当に、突然。

そうなると、心拍数が上がってきたり、
涙がにじんでしまったりします。

141120ubu2.jpg

14年以上。

私の年齢からすると、物心がついてからの人生としては
おそらく、半分近くを一緒にいたことになります。
もう、何を思い出しても
そこにはウブりんがいるわけで、
これを乗り越えるには、かなりの時間がかかりそうです。

でも、まあ、元気なんですけどね(笑)。


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
去年の今頃です。

スポンサーサイト

category: ウブ思い出

cm 4   tb 0   page top

コメント

純王子と一緒に

愛犬との別れは多分一生忘れられない出来事ですよね。
おかしいと言われるかも知れませんが、姉と死別した私ですが、犬との別れと全く並列です。
一生を共にしたうぶりんは、ubujunさんの大切な全てです。
時間が経つことでしか、事実を飲み込むことは実際難しいと思います。
子供と一緒なんですもん。
純王子と一緒に、うぶりんの思い出を大切に、今を生きてください。
それが、うぶりんの供養になります。そう思います。
Filly #- URL [2014/11/20 23:19] edit

ubujunさん、おはようございます。

日にちの過ぎるのは いつの時も早いと思います.....

私が以前 愛犬を亡くした時は ubujunさんと同じように会社勤めを
していたので、同じように 外に出ている時は それを忘れていました。
が、やはり フッと思い出した途端に涙があふれたものでした。

けれど、今はずっとベルとベッタリ一緒にすごしている訳ですから
先住犬には悪いけれど、ずっと思いは深いと思います。
前から娘には 我々夫婦のペットロスをとても心配されていて 今春
漸く わらびと言うチビワンを迎えた訳ですが、可愛いながらも 思いは
やはり 別のように感じます。 ベルの存在は大きいです‥
ベルにはウブちゃんの分まで頑張って貰いたいものです。

純君、血液検査の結果が異状なしで本当に良かったですね♡


  
わるっちまま #J/OcTIko URL [2014/11/21 07:06] edit

Filly様

お返事がすっかり遅くなってしまい、すみませんでした。

私の場合、正直父親や祖母といった身内との別れよりも、
並列どころか重くのしかかっています…。
おそらく犬の場合は、自分がその子の一生を
握っているからではないかと思います。
すべての場面で、喜びや後悔があって
責任があったことを痛感しています。
おっしゃるとおり、そういう意味では子供と一緒なのかもしれませんね。
ウブりんを思い出しながら生きていくこと、
それが供養というのは、本当に私も同感です。
ありがとうございます。

ubujun. #- URL [2014/11/23 22:38] edit

わるっちまま様

お返事が遅くなってしまって、すみませんでした。

一緒にいる時間が思いの深さかどうかはわかりませんが、
存在感という意味では、時間の長さは影響がある気がします。
私も純の存在のおかげで、元気にしていられますが
やはり、ウブりんの代わりにはならないですよね。
それは、たとえ先に亡くなったのが純であっても、
同じことだったと思います。
わらびちゃんは、ベル君の存在の代わりにはなり得なくても
きっと支えにはなってくれますよ。
それがあるのとないのでは、全く違います。
どの子も、失くしてみなければ、
その存在がどのくらい大きいか分からないのかもしれませんね。
何はともあれ、本当に、ベル君には頑張ってほしいです!!
応援しています(・∀・)!!
ubujun. #- URL [2014/11/23 22:45] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ubujun2nd.blog.fc2.com/tb.php/63-ec73b82c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いらっしゃいませ

いくつになったの?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。