09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

うぶとスロウな毎日

北海道の海辺の町で暮らす、2匹のラブラドールとの日々をつづります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

男子の多頭飼いということは。 


これまで我が家は



ウブりんという、花のような乙女と

141226ubu1.jpg
「くぅうおりゃぁぁぁあああっ」 ↑ 花のような………。


ジェントル純くんとの

141226jun1.jpg
こ、怖すぎる………。

いわゆる、一姫二太郎的な構成になっていました。



それがこのたび、玄さんがubujun家に加わったことにより、
気が付けば、むさくるしい男まみれの所帯へと、変貌したわけです。


ようやく慣れてきたのか、このジェントルマンご両人。


とにかく、うるさい。

はっきりいって、かなりむさくるしい。


二人とも出しておくと、つねにこんな感じです。

[広告] VPS


まわりの掃除機やら、いろんなものは見えないことにしてください。

[広告] VPS


ちなみに、ご存知かとは思いますが、服を着ているのが純です。

もう、延々とやってます。
そのうち飽きると思うけど。

まぁ、多頭飼いらしいといえば、そうなんですけどね。

ウブりんと純は、ほとんど絡まなかったし、
プロレスごっこなんて、まずありませんでした。

男同士なので、力関係をはかっているのかもしれませんが、
お互い、何が何でも力を誇示したいというわけでもなさそうで、

ああ、きっと純くんが立派なお兄ちゃんをしているんだろうなぁ……

なんてことはなく

どうやら、玄が折れているようです……。


ウブりんがいたら、
きっと物凄い形相で、蹴散らしたんだろうなぁ…。
そう、一番上の写真のように(笑)。

そんなウブりん、早いもので明日が四十九日です。


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
上がうるさいにゃ。

category: 純と玄

cm 4   tb 0   page top

順調です。 


玄さんが我が家にやってきて、ちょうど一週間が経ちました。


名前もついて、すっかり私にも懐いてくれて
最近は、純と玄の距離も少しづつ縮んできて
純が遊びに誘う光景も、見られるようになってきました。

ま、玄がどうやって遊べばいいのか
あまりわかっていないようではありますが……。


141223jun1.jpg
なんと、全然雪がないubujunエリア。



ウブりんが亡くなって、今週の土曜日はもう四十九日です。

純は、若い頃はウブりんよりも手がかかって
かなり中心的存在だった時期もありましたが、
ウブりんが年老いていき、介護が必要になったりすると
完全に日陰の男になってしまって、
気が付けば、最近買った犬用品といえば
それはもう、ウブりんの介護用品ばかりでして、
純のカラーもリードも、ずいぶん前に買ったものか
ウブりんのおさがりしかないことに、気が付きました。

そんなわけで、

玄さんもサイズ違いでおさがりが使えなくて、
新しいものを用意しなければならなかったし

ボーナスも入ったし(笑) って言っても、ウブりんの医療費カード払いで残らないんだけどね…

純くんも、そりゃあもう数年ぶりに、新調しました❕❕


今回揃えたのは、カラーとハーネス。
やっぱり多頭飼いは、お揃いでしょうってことで


純バージョン

141224jun1.jpg

グレーのハーネスと、ブルーのカラー。


玄バージョン

141224gen1.jpg

赤のハーネスと、グレーのカラーです。

どちらもラフウェアのもので、
純はL/XLサイズで、玄はMサイズです。


141224jun2.jpg
大人の男、って感じ??


純は意外と面倒見の良い男でして(笑)、
小さい子と遊ぶのも大好きだったりしますし、
自分の仲間うちと見なした犬には、めっぽう甘いのです。

だから、多少玄が無礼なことをしても、適当にたしなめたりなんかして
ジェントル純ぶりを、思う存分発揮しています。


そんなこんなで、
お久しぶりのアクティブな多頭飼い生活がスタートしました。

数年前、ウブりんと純くんが若かりし頃、
仕事にかまけて、疲れ果てて
せっかくのラブラドールとの生活を、全然楽しめていませんでした。

そして、
ウブりんが年老いて、足が不自由になった時
自由に歩ける彼女を、もっとたくさん楽しませてあげれば良かったと
心の底から後悔しました。

ウブりんの最期に悔いはないけれど、
このことは、今も思うと自責の念で眠れなくなることがあります。

だから純は、そして玄も
できる限りのことをしようと、心に誓ったのでした。

以前は、正直「前の子にしてあげられなかったことを、この子に」
っていう気持ちが、わからなかったんです。

私にとって、ウブりんはウブりんしかいないわけで
ウブりんにしてあげられなかったら、何の意味もないんだって
自分を責める気持ちにしか、なれませんでした。

こう思えたのも、
純がじっと我慢してくれていたことに気づいたり、
玄が懐いてきてくれたからかなぁ…。

犬への気持ちを救ってくれるのは、
やっぱり犬なんだなぁ…と
分かってはいたものの、しみじみ感じる今日この頃です。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
なるほどねぇ…。←他人事

category: 純と玄

cm 6   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いらっしゃいませ

いくつになったの?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。